ダニ捕りロボの効果と口コミ~実際に買って後悔した点とは?

ダニ捕りマットを購入した経緯

夜寝ていると、お腹や太もも腕にダニ刺されてかゆい、1回噛まれると赤く腫れて何日も痒くなる。

家族が花粉の季節でもないのに一年中鼻炎、アトピーが治らない。
おまけに6月くらいから、風邪でもないのに咳が出て止まらない。

アレルギー体質だが、花粉症ならこんなに年中鼻詰まりするはずがない

何かおかしいと思っていろいろ調べてダニ対策をしてみた

ダニ捕りロボを買って設置

ダニ捕りロボはさすが、しっかりした箱に入って配達された
ダニ捕りロボ

ダニ捕りロボ以外にも、いくつかダニマットを買ったが、ダニ捕りロボだけ宅急便で配達された。

他のはポスト投函されて雨に濡れたり、箱が潰れたりというハプニングがあったが、ダニ捕りロボはその点安心して受け取れた。

ダニ捕りロボ
ダニ捕りロボの箱を開けてみた
シート本体と、入れ物が別になっていて、封を切って3ヶ月、封を切らなければ2年持つようになっている。
日革研究所のダニマット

ダニマットの開封してみると、少し酸っぱいニオイがした。
ありがちな甘いお菓子のニオイではない。

そしていざ設置へ
布団、カーペットの下、ベッドの下、押し入れに設置する予定だ

ところが問題が、マット選び失敗談

ペッドにダニ捕りマット

ベッドの下、押し入れへの設置は問題なかったが、

カーペットの下に設置しようとしたところ、厚みがあってカーペットがそこだけぼこっと浮いてしまう。

ダニ捕りロボは8ミリの厚みがあるので1センチ程度の薄いカーペットの下に敷くときは目立ってしまう。

そして布団に設置しようとしたところ、こちらも厚みとケースの硬さがネックで寝心地が悪い。
仕方なく、他のダニマットを布団に貼り付けることになった

本当は一番ダニの多い布団こそ、効果が高いダニ捕りロボを設置したかったのだが、厚みは盲点だった。

ダニ捕りロボは実はいろいろあった

ところがその後、ダニ捕りロボの公式サイトをよく見てみたら、ニッケンでも薄くて使い捨てできるダニ捕りマットを取り扱っているではないか。

日革研究所のダニマットはダニ捕りロボだけではなかった。
テレビで見てダニ捕りロボだけと勘違いしてしまった

実は3つのタイプがある

    • ダニ捕りロボ ソフトケース付き

ダニ捕りロボのソフトタイプ

    • ダニ捕りロボ ハードケース付き

ダニ捕りロボのハードケース

    • ダニ捕りマット 薄い使い捨て布タイプ

ニッケンのダニ捕りマット

ちなみにそれぞれの厚みは、

  • ダニ捕りロボのソフトケース8mm、
  • ダニ捕りロボのハードケース12mm
  • ダニ捕りマット5mm

どれもダニ退治シートは同じでケースが違うだけなので駆除効果は同じ

ダニ捕りロボはソフトもハードも、中身だけ取り替えてケースは再利用する。

ダニ取りマットは使い捨てで、そのままマットごと捨てる

布団の中に入れるには、ダニ捕りロボよりダニ捕りマットの方がよさそうだ。

今回自分が買ったダニ捕りロボのソフトケースのは、ソフトといえども厚みがあって寝ているときシーツ越しに当たると硬い。

布団にダニ捕りロボ

しかしダニ捕りマットは5mmで厚みが均一で、タオル生地のような表面なので硬くない。

よく調べてマットの方を買えば良かった。

ただ、ダニ捕りロボは決して安くないので今回はこれを使う。
3ヶ月後の次回からは、布で厚みの薄い「ダニ捕りマット」の方を買おうと思う。

有効範囲(ダニを集める効果のある範囲)は

1平方メートルをカバー(半畳分)

ダニ捕りロボのレギュラー(R)
ハードとソフトケースがある

2平方メートルをカバー(畳1枚)

ダニ捕りマットの小
ダニ捕りロボのラージ(L)
が同じ

3平方メートル(畳1.5枚)

ダニ捕りマットの大サイズ
「日革研究所のダニ捕りマットこれが元祖だ」
が同じ

ベッドや布団に置くなら、2m必要なので、
ダニ捕りマットの小サイズが一番合う

畳1枚より大きいじゅうたんやカーペットならダニ取りマットの大サイズが必要だろう

ペットのダニ対策をするなら、ハードケースが囓られても安全だ

ダニ取りシートを選ぶときはサイズも大切だが、ハードケースや薄手タイプなど、形にも注意しないと私のように失敗してしまう。

ちなみに価格はこのようになっている

ダニ捕りマット

ニッケンのダニ捕りマット

価格リスト 単品注文 定期コース 送料
ダニ捕りマット小サイズ2枚セット

3120円

なし

648円

ダニ捕りマット小サイズ4枚セット

6000円

5820円

648円

ダニ捕りマット小サイズ10枚セット

14000円

なし

ダニ捕りマット大サイズ2枚セット

3780円

なし

648円

ダニ捕りマット大サイズ4枚セット

7344円

7124円

648円

ダニ捕りマット大サイズ10枚セット

17280円

なし

ダニ捕りロボ(単品)

ダニ捕りロボ 単品

単品初回ケース付き

単品詰め替え

ダニ捕りロボソフト特選セット

8208円

5637円

ダニ捕りロボソフト3個セットレギュラー

5039円

3024円

ダニ捕りロボソフト5個セット(レギュラーサイズ)

8100円

5040円

ダニ捕りロボソフト5個セット(ラージサイズ)

9180円

6912円

ダニ捕りロボハード5個セット(レギュラーサイズ)

7560円

5040円

ダニ捕りロボプチ10個セット

6789円

詰め替えなし

ダニ捕りロボ(定期)

ダニ捕りロボ 定期 定期コース初回ケース付き 定期コース詰め替え
ダニ捕りロボソフト特選セット 7962円 5468円
ダニ捕りロボソフト3個セットレギュラー なし
ダニ捕りロボソフト5個セット(レギュラーサイズ) 7857円 4889円
ダニ捕りロボソフト5個セット(ラージサイズ) 8905円 6705円
ダニ捕りロボハード5個セット(レギュラーサイズ)
ダニ捕りロボプチ10個セット 6585円 詰め替えなし

ダニ捕りロボに本当に効果があるか調べた。

ダニ捕りロボの効果

特許

まず初めに、生きたダニを捕獲できることで特許を取っている
これまでは、殺虫剤でダニを殺す、掃除機で吸い取るなどの方法があったが、殺虫剤を使うとアレルゲンの元凶ともいえる死骸を残してしまう。

一方掃除機は死骸やフンが取り除けるが、生きたダニはあまり取れず、繁殖を止められなかった。

日革研究所のダニ捕りマット・ロボは生きたダニを捕まえられるので、卵を産む親ダニを殺せる。ダニ量が減るので結果的に死骸やフンが抑制できる。

そしてやはり殺虫剤は、子供や室内で飼っている犬や猫への影響が怖い。
子供は家のあちこちを触ったりおもちゃを舐めたりするし、ペットは家の中にあるものを噛んだりくわえたりする。

しかしダニ捕りマットなら食品のニオイでダニを誘い出して乾燥死させるだけなので、人間やペットに全く害がない。

唯一注意しないといけないのは、マットを子供の手の届かない所に設置することだ。
マットはダニがたっぷり入っているので、アレルゲンの倉庫になっている。

捕獲データを公表している

ダニ捕りロボの生みの親、日革研究所はダニ捕りマット、ダニ捕りロボで取れたダニ数のデータを公表している

ダニ捕りマットの効果

長期間ダニ捕りマットを設置している家庭のデータ

マット 年数 2015年のダニ数 ダニ捕り開始時
M・Rさん 1枚 4年目 3,358匹 368匹
M・Kさん 2枚 4年目 2,179匹 1,492匹
I・Kさん 4枚 3年目 5,289匹 1,560匹
I・Nさん 5枚 2年目 30,717匹 19,552匹
Y・Aさん 2枚 1年目 12,125匹
T・Tさん 3枚 1年目 10,977匹

そしてダニ抑制率は100%

3枚で5000円、5枚で8000円という高額ながら
ダニ捕りロボが世に出てすでに900万個が売れているという。

効果のないものはリピートされないので、信頼されている商品であることは間違いない。

他のダニマットを試すとわかるが、
中身も入っているのかよくわからないくらい少なく、2ミリ、3ミリで薄くペラペラのものが多い

そしてダニ捕りマットと同じ大きさなのに、倍の面積に効くと書いてあったりして不安だ

一方、日革研究所のダニ捕りマットは、最低で5ミリと厚い。
透かしてみると、誘引剤がしっかり入っているのがわかる

ダニ退治シート

そしてメール便やポスト投函ではなく、きちんと宅急便で送ってくる。
特に雨の多い夏は、マットが水に濡れたり、湿気たりすると効果が不安になるので、宅急便で送ってくれるのはかありがたい。

ニッケンのダニ取りマットは高い?

ダニ捕りマットの場合は、小4枚で6000円、大4枚で7300円
ロボの方は、大3枚で5000円、大小5枚で8000円、

1枚1000円以上する、
これは感覚的にはかなり高い。

しかし、これは3ヶ月分の価格だということをわすれてはいけない。
普通は1ヶ月単位で配達してもらうことが多い。

そこで1ヶ月分の価格に直してみると
ダニ取りマット大4枚7300円の場合
ひと月2433円、1日当たりたったの78円となる

ちなみにダニ取りマット大サイズは1枚で畳1.5枚分、
布団や押し入れ、カーペットなどに使うのも充分な量がある。

ダニ捕りロボとダニ取りマットのまとめ

日革研究所のダニマットは、ロボと使い捨てのマットタイプがある。

効果の目安は、

ダニ捕りマットは、大が3㎡、小が2㎡に効く

ダニ捕りロボは、大が2㎡、小が1㎡に効く

ハードケースも1㎡だ

ロボソフトは厚み8mm
ロボハードケースは12mm
ダニ捕りマットは厚み5mm

畳1枚は約2平方メートルで、ソファーや布団、ベッドくらいの大きさだ。

枚数も色々あって、2枚セット、4枚セット、10枚セット、大小セットの特選セットなどがある

慌てて買って後悔しないように、ちゃんと設置する所にあったサイズと厚みのものを選ぼう

また、どこに置くかはっきり決めていない人は、布団やカーペット、車の座席シート、リビング、ソファーなどどこにでも置けるピンク色で薄い「ダニ捕りマット」を選んでおけば無難に使えると思う。

ダニ捕りロボの匂いは、人間が好む甘い香りではなく少し酸味がある食べ物のニオイがする。
きっとダニを研究してこのにおいに決めたのだろう

特許も取っていて、捕獲データも公開している
そして有料のサービスだが、実際に使用済みのダニマットのダニ捕獲数を検査してくれるという所も購入の決め手となった

ダニ捕りロボの公式サイト



ダニ取りシートについての詳しいサイトはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ