畳に大発生するケナガコナダニ・ヤケヒョウダニを駆除する方法は?

畳は昔から日本人が利用している床の材料の1つで、一般的な家庭に普及したのは江戸時代中期以降であるといわれています。

img4194(16)

畳一枚は約2mほどあり厚みが5センチあります。

面積は1.6平方メートルで重さが20キロから35キロもあります。

畳は優れた湿気の調節機能持っていて、室内の湿度が高いと水分を吸収し裏の面から水分を放出します。
それは室内を快適に保つためには重要なのですが、反面ダニが繁殖しやすい原因
となってしまいます。

畳は呼吸をするといわれます。
畳が呼吸するには裏面に風が通る空間が必要です。

裏面に空間がないとただ吸水するだけで呼吸できずに蒸れてしまいます。

畳の中の水分が13%以上になるとケナガコナダニが発生し、15%から18%になると大量発生して畳の表面に粉がふいたようになることが決して稀ではありません。

最近の密閉性が高い新築のコンクリート住宅に、新しい湿った畳が敷かれるとコンクリートや炊事所から出てきた水分を吸収してカビを生じます。

そしてケナガコナダニが沢山発生します。

最初は湿っていたコンクリートがだんだんと乾燥すると、室内にハウスダストが溜まる様になります。

そうするとケナガコナダニに代わってヤケヒョウダニが大量に繁殖するようになります。

畳には天然畳と化学畳があって、最近ではウレタンやポリエチレンなどを使った化学畳がかなりの割合を占めるようになっています。

そのことでダニが潜れる環境が狭くなり、それだけケナガコナダニが繁殖する可能性は低くなりますが、それでも畳にダニがわきやすいということは基本的には変わっていません。

ケナガコナダニが大繁殖した場合

ケナガコナダニが大量繁殖した場合どうしたらいいでしょうか。

まず考えられるのが畳を新しいものを取り替えるという事です。
畳を新しいものに取り替えるとダニは一掃されます。

しかし畳が置かれている環境が全く変わっていないとまたケナガコナダニが繁殖します。

ですので、畳を取り替えるのではなく、ダニを住みにくくする乾燥させるというのが一番の対策になります。

乾燥させる方法はいくつか考えられます。
まず乾燥剤をまくことがあります。

それ以外に布団と同じように熱で乾燥させるというのも一つの手ですが、畳の中にナイロンが使われている場合は糸が溶けてしまうので高熱がかけられません。

その場合畳の中の温度を最低50度に保って1時間以上加熱し続ける必要があります。

殺虫剤で対処する方法

img4196

ケナガコナダニとツメダニは有機リン系殺虫剤に比較的弱いので、このような成分を使っている殺虫成分を畳にまくことで殺虫することもできます。

現在では畳に直接噴霧できる殺虫剤が販売されています。

このような殺虫剤は畳の中に針を差し込んでプレーすることで中に殺虫成分が行き渡り畳の中のダニを駆除することができます。

またくん煙剤を使って畳の表面や室内全体のダニ駆除を行う方法もあります。

このような殺虫剤をまいた後は必ず掃除機を使って死んだダニを取り除くようにする必要があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ